三原綱木 PROFILE





PROFILE  
 三原 綱木(ギター・作曲・編曲)
本名/三原 綱木
1945年11月3日生まれ
                                      
                      
img_20140427-204252.jpg
三鷹第三小学校〜三鷹第四中学校〜高千穂高校中退。
小学校4年の時からクラシックギターを習う。高校1年の時からジャズギターを勉強。その成果を実践しようとクラブのジャズバンドに所属、高校生ですでにプロ入りしたことになる。
大橋プロダクション所属の「ファイヤーボール」で約2年間活動後、リーダーに認められ、先輩田村宣の後を継いで1964年にブルー・コメッツに入った。

最年少ということもあり、井上忠夫と人気を二分していたが、単にルックスだけでなく、その完璧なまでのテクニックは、多くのギターを志す少年達の手本となり、また夢を与えていた。

ブルー・コメッツ解散後は1976年から8年間、郷ひろみバンドのリーダーをつとめた。
1985年からはフジテレビ「夜のヒットスタジオ」のオーケストラ指揮を担当。
1986年から2017年3月迄 30年間、三原綱木とザ・ニューブリード」を率いた。

NHK「歌謡コンサート」、NHKBSラジオ「きらめき歌謡ライブ」、年末の「紅白歌合戦」をはじめ、大きなステージでの指揮やアレンジを担当。

現在も、ジャッキー吉川とブルーコメッツはじめ数多くの仲間たちとのコラボLive等でも活躍中!

現役時代の経験を大いに生かした演奏スタイルと曲への解釈は、大勢の歌手達からは「安心して歌いやすい」との定評がある。

また、明るくフレンドリーな人柄から若いミュージシャンからも信頼と尊敬を集めており、広い意味での後進の指導にあたっていると言えよう。